生理に伴う肌荒れについて

健康な女性であれば、女性ホルモンの働きによって約一ヶ月の周期で排卵と生理がおこりますね。

この生理の周期による女性ホルモンの変化によって、肌荒れを起こしやすい時期があります。

生理による女性ホルモンの変化は、卵胞期と排卵期、黄体期、生理期に分かれます。

まず卵胞期ですが、生理後8〜10日間ぐらいで、排卵の準備をするホルモンが分泌されて、子宮内膜が増殖してくる時期で、気持ちも体も快調なので肌荒れなどもなくって安定している頃ですね。

そして排卵期に入ります。

これは生理後14〜15日目ぐらいで、卵巣の中で成熟した卵胞が、卵胞膜を破って卵子が出てきて排卵します。

排卵後は、ホルモンの変化によって皮脂の分泌が多くなるので、肌が脂っぽくなり、にきびが出てきたり、肌荒れを起こしやすくなります。

次に生理前の10〜12日間ぐらいは黄体期と言い、妊娠のための準備をするホルモンが分泌されて、受精卵の着床を待っている状態の時期のことで、生理前の不快な症状が出やすくなります。

そして肌荒れやにきびが出始めて、化粧品のノリも悪いなぁーと感じることが多くなりますね。

最後に生理期ですが、だいたい5〜7日間ぐらいですね。

受精卵が子宮に着床せずに妊娠しなかった時に、子宮内膜が剥がれ落ちますね。
そして体外に生理出血が始まります。

この時期は、ホルモンの分泌が少ないので血行不良になって手足の冷えを普段より強く感じます。

私は、生理前の黄体期に入ると、肌荒れが始まって乾燥肌になったり、にきびが顔に出てくるんですよ。

だから、鏡を見てにきびを見つけると「あぁーそろそろ生理が始まるかなぁー」って思うんです。

そして生理が終わったら、肌荒れも治まってきて、にきびも自然と治っていくのです。
だから私にとって肌荒れは、生理の周期を知る手がかりになっています。

~ ~ ~

とにかく肌荒れがひどくて、「あまり近くに寄らないで~」といつも心の中で思って
ました。


でも最近、こちらの商品を使い始めたら、お肌の調子がとっても良くなってきて、
友達にも「最近、お肌の調子よさそうね♪」なんて言われました。

人に見られる事が気にならなくなってきたので、外出するのが楽しくなってきまし
た。


肌荒れに悩んでいた私に自信を与えてくれたのは、こちらの商品です。

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊娠中の肌荒れ対策
妊娠中は、おなかの中の赤ちゃんへの影響を考えて、運動や食事に十分に気を配らないと......
妊娠初期の肌荒れ予防法
女性は妊娠するとホルモンの変化が起き、精神的にも不安定になってしまいますね。 そ......
出産後の肌荒れについて
出産前は、おなかの中にいる赤ちゃんの為に、日頃から心がけて運動をしたり、ストレス......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

肌荒れかな?と思ったら早めに対策を!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.pixelobj.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。