妊娠中の肌荒れ対策

妊娠中は、おなかの中の赤ちゃんへの影響を考えて、運動や食事に十分に気を配らないといけませんね。

特に、妊娠中は女性ホルモンのバランスが変化するので、普段よりメラニン要素が増えてしまい、シミやしわ、乾燥肌や敏感肌になり肌荒れを起こしてしまいます。

そこで、妊娠中は特に外出時に紫外線対策としてUVカット効果のある化粧品を使い、日傘や帽子で直射日光を避けるように心がけましょう。

食事面では、暴飲暴食を避けて、肌荒れ対策効果のあるビタミンCやビタミンEを積極的に摂るようにして下さい。

ビタミンCは、ピーマン、じゃがいも、みかん、レモン、いちごなどに多く含まれてり、メラニン色素の発生を抑えてくれ、コラーゲン生成に役立ってくれますよ。

また、ビタミンEは、豚のレバー、アーモンド、落花生、マヨネーズに含まれており、ホルモンの分泌をスムーズに行ってくれ、血行を良くする効果があります。

それに、冷え性を改善してくれたり、皮膚の抵抗力をアップさせてくれる効能があるので、積極的に摂取しましょう。

妊娠中は、日に日におなかの赤ちゃんも成長し、お母さんの体重が増えていきますね。

そうなってくると、お母さんのおなかがどんどん大きくなって、少し動くだけでも汗をかきやすい体質になっていきます。

汗が長時間、肌についていると肌荒れを起こしてしまう原因にもなるので、肌は常に清潔に保ち、保湿をしっかり行うようにして下さいね。

このように、妊娠中の肌荒れ対策を日々、心がけることによって、肌は健康な状態を保つことが出来るでしょう。

~ ~ ~

とにかく肌荒れがひどくて、「あまり近くに寄らないで~」といつも心の中で思って
ました。


でも最近、こちらの商品を使い始めたら、お肌の調子がとっても良くなってきて、
友達にも「最近、お肌の調子よさそうね♪」なんて言われました。

人に見られる事が気にならなくなってきたので、外出するのが楽しくなってきまし
た。


肌荒れに悩んでいた私に自信を与えてくれたのは、こちらの商品です。

この記事のタグ

サイト内関連記事

生理に伴う肌荒れについて
健康な女性であれば、女性ホルモンの働きによって約一ヶ月の周期で排卵と生理がおこり......
妊娠初期の肌荒れ予防法
女性は妊娠するとホルモンの変化が起き、精神的にも不安定になってしまいますね。 そ......
出産後の肌荒れについて
出産前は、おなかの中にいる赤ちゃんの為に、日頃から心がけて運動をしたり、ストレス......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

肌荒れかな?と思ったら早めに対策を!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.pixelobj.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。