赤ちゃんの肌荒れ対処法

とってもかわいい自分の赤ちゃんが、肌荒れを起こしていたら、お母さんとしてはとても気になりますよね。

赤ちゃんだとまだ言葉を使って、かゆいのか痛いのかを伝えることも出来ないし、早く治してあげたい気持ちでいっぱいになりますよね。

赤ちゃんの肌は、大人の肌よりも薄くて繊細です。
だから、よだれや汗、気温の変化、衣服が擦れたりすると肌荒れを起こしてしまいます。

なので、赤ちゃんの肌は常に清潔に保ってあげたいものですね。

常に衣服やタオルなど赤ちゃんの肌に直接当たるものは、できるだけ柔らかい素材のものを使用しましょう。

次に、赤ちゃんが起こしやすい肌荒れの種類と対処法をいくつか紹介するので参考にして下さい。

まず赤ちゃんが起こしやすい肌荒れとして、乳児湿疹がありますね。

顔などに赤いブツブツした湿疹ができたり、黄色いかさぶたのような湿疹ができるもので、生後2〜3週間から2か月ぐらいの赤ちゃんの肌に現れます。

私の子供が赤ちゃんの頃にも、この乳児湿疹が出来ましたが、沐浴する時に優しく洗い、肌を清潔に保っていると自然と治りましたよ。

次におむつかぶれがありますね。

おしりの肌が排泄物で汚れたままだったり、おむつの中でむれる為に起こります。
なので、おむつの中は常に清潔に保ってあげる必要があります。

最後にアトピー性皮膚炎があります。

顔や全身に赤い湿疹がでて、強いかゆみを伴います。

アトピー性皮膚炎は、汗やほこり、ダニや乾燥、遺伝などが原因で、この場合は病院に行って診察をしてもらい、治療を受けるようにしましょう。

アトピー性皮膚炎の場合でも赤ちゃんの肌を常に清潔に保つようにすれば、症状も和らぐでしょう。

~ ~ ~

とにかく肌荒れがひどくて、「あまり近くに寄らないで~」といつも心の中で思って
ました。


でも最近、こちらの商品を使い始めたら、お肌の調子がとっても良くなってきて、
友達にも「最近、お肌の調子よさそうね♪」なんて言われました。

人に見られる事が気にならなくなってきたので、外出するのが楽しくなってきまし
た。


肌荒れに悩んでいた私に自信を与えてくれたのは、こちらの商品です。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ひどい肌荒れの時はと皮膚科を受診しましょう
軽い肌荒れの場合は、使用している化粧品を刺激の少ないものに変えたり、食生活を改め......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

肌荒れかな?と思ったら早めに対策を!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.pixelobj.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。